2018年05月16日

丁寧に作ろうと思うと時間がかかる

職人の技にもいろいろあります。
きっちり縫製されていても何だか面白くないもの。
ちょっとラフだけれど雰囲気がいいものなど。

ハンナは」どちらかと言えばラフかなー?
両方兼ね備えたら一番良いのです。
しかし、そこまで到達するのは大変なこと。

どんな仕事でも、ちゃんとした職人の技がないと一流とは言えません。
何事も基礎が大切!
今やっている仕事はきっちりしていないと美しくないもの。
時間がかかります。時々、う〜〜〜、となります。
しかし、お客様に喜んでいただくためには忍耐です。

と、その前にいつものM様のわがままを聴くことも大事。
これは、とんでもなくラフな仕事、面白いからやれる仕事。
どんな仕事でもできるのもはやる、これがハンナの信条。
さあ、今日もガンバロー。
posted by 遅れてきた職人 at 09:42| Comment(0) | 日記